喫煙衝動にニコレットとファイザーの禁煙補助剤

ニコレットを用いて禁煙に取り組むというのはニコレットが市場に登場してから瞬く間に広がりました。それまではいくら努力をしても禁煙を達成することができなかった人でも実現できるという期待が持てたからです。禁煙が難しい大きな原因はニコチンに対する依存症であり、ただタバコをやめようと考えて実践するだけではニコチンに対する依存症が問題となって実現できないことが多々ありました。その点において、ニコレットはニコチンを含有しているガムであるため、タバコをガムに置き換えることによって禁煙を実現しやすいというメリットがあるのです。しかし、禁煙中にもガムでは満足できずにタバコに手を出してしまって失敗するケースもあります。これはタバコがおいしいというイメージがどうしても残ってしまっているため、禁煙中にニコチンが足りていてもやはりタバコが吸いたいと考えてしまいがちになるからです。その点において、タバコがおいしくないというイメージを植え付けることができるファイザーが開発した禁煙補助剤が優れていると言えるでしょう。ファイザーの開発した禁煙補助剤を用いると、最初の一週間の期間に薬を服用しながらタバコを吸うというプロセスをとります。その際に、ファイザーの禁煙補助剤がタバコを吸うことによる快感を減弱させてしまうため、タバコがおいしいというイメージがなくなってくるのです。これにより、その後の禁煙中の期間にタバコを吸いたいと思う気持ちがあまり起こらなくなり、1本だけならよいだろうと考えなくなるのです。また、そう考えて吸ってしまってもタバコがおいしいと感じられないことから吸うことに魅力を感じられなくなり、禁煙を達成しやすいのです。