個室での検査も可能な禁煙外来とニコレット

禁煙したいのに、禁煙の禁断症状に負けて、挫折してしまう人は多いです。
喫煙者の7割は、ニコチン依存症だと言われています。
タバコを止められないのは、ニコチンが持っている強力な依存性の影響なのです。
ニコチン依存症は、治療が必要となります。
そのため、日本の病院には、禁煙外来がある病院が増えています。
禁煙外来では、医師からのアドバイスが貰えて、さらに禁煙補助薬を処方してもらえます。
ですから、自分だけで禁煙をするよりも、禁煙の成功率が高いのです。
禁煙補助薬には、飲み薬や貼り薬などがあります。
一定の要件を満たせば、禁煙の治療にも健康保険が適用されるので、経済的負担も軽くなります。
健康保険を使った禁煙治療では、診察で様々なチェックを行います。
一酸化炭素の濃度を測定するなどの検査の後、禁煙補助剤の処方を受けることになります。
プライバシーの面から、検査や診察をする時に、個室を希望する患者も増えています。
空いている個室があれば、個室での検査や診察も可能なので、病院に言った時に相談してみましょう。
病院に行くのが面倒だという人には、ニコレットを使ったニコチン置換療法もあります。
ニコレットというガムを噛むだけで禁煙が可能なので、とても人気がある方法です。
ニコチン置換療法によって、だるさやイライラなどのニコチン離脱症状を軽くすることができます。
そして、ニコチンの摂取量を少しずつ減らしていき、生活習慣を改善することで、無理なく禁煙することが可能なのです。
ニコレットは、全国の薬局、薬店で販売しているので、手軽に購入することができます。
ニコレットのフレーバーは、クールミントやアイスミントなど4種類あります。
噛み心地は、ソフトとハードの2タイプから選ぶことができます。