禁煙サポートにニコレット

ニコレットはニコチンを含有した医薬品で、禁煙時のニコチン依存に対して、イライラする状態を抑える置換療法として販売されている商品です。そもそもニコチン依存とは、タバコを吸うことで脳が刺激されて快楽を覚えることから、麻薬のような依存症になる状態です。タバコを吸うとニコチンが肺から血液に吸収され、脳内の腹側被蓋野にあるレセプターに取り付きます。ニコチンは神経伝達物質のアセチルコリンに似た構造をしているため、アセチルコリンと同様に一時的な快楽、覚醒、安堵を及ぼすドーパミンを放出します。これによってストレスでイライラした体は安心感をおぼえて落ち着きますが、ニコチンが抜けるとその落差から、さらに苛立ちが募ることになります。ニコチンはタバコを吸ってから脳に到達するまでにわずか10秒程度と早く、さらに体内からニコチンが抜けるのも30~60分の早さです。そのためタバコを日常的に吸う人は、ニコチンが抜ける1時間周期で、再びタバコを吸いたくなります。この短い間隔でタバコを吸うことで生活習慣の一部となってしまい、ニコチンの摂取と排出を繰り返しながら依存してしまい、簡単には禁煙ができなくなってしまいます。ニコレットはタバコの代わりにニコチンを摂取することで、ストレスや苛立ちを抑制して、体がニコチンを欲しがる欲求を解消するサポートをしてくれます。またニコレットのガムタイプでは、口寂しさも紛らわすことができ、つい口にタバコを運んでしまうクセを治すこともできます。確実に禁煙ができると保証されているわけではありませんが、ニコチン置換によって依存症の気分を和らげることができるので、禁煙のサポートには効果的な方法と言えます。

■試しに禁煙してみるなら
禁煙ガムで禁煙に挑戦
■こちらは飲むタイプです
チャンピックス